スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KYとはこの事か…

先日までマスコミを大いに賑わせていた朝青龍。
それがバンクーバーオリンピックの開催が近くなり、やっと冷めてきた…と思いきや、今度はスノーボードの国母ですか…。
こんな話題でしかマスコミに取り上げられないスノーボード界も、情けないと言えば情けないのだが、やっぱり問題は問題を起こした当事者になるのだろう。


最初に、私なりの持論を言わせて貰うと、基本、形式的な挨拶や、お約束に近い決まり事というのは、あまり好きではない。こういった勝敗を決める物に関しては、とにかく結果が全てであって、途中のプロセスというのはあまり気にしない性格だ。だから、女子モーグルで上村愛子選手が4位に終わった時も、「良くやった」とはあえて言わない。全力でプレーしているのは当然だし、メダルにこだわっている状況を考えると、4位という結果で、本人は納得していないだろうから。
だからこそ私は、勝者に対して「おめでとう」とは言うが、敗者に対して「お疲れ様」とは言わないようにしている。


今回のスノーボードの国母に関しても、結果が出せるなら文句は言わない。第三者に直接的な迷惑をかけている訳ではないし、仮にいい成績を残せなかった時は、その反動が直接本人に返ってくるだけだからだ。朝青龍があれだけの言動を繰り返しながらもここまでやれてこれたのは、結果がしっかり伴って来たからだ。(さすがに、傷害事件はやり過ぎだが…。)自信の裏返しという捉え方も出来るかもしれない。


ただ、つい先週まで、あれだけマスコミを賑わせていた朝青龍問題に関して、国母本人が知らなかった筈はない。あれだけ「品格」というものに対して、国民がナーバスになっている状況の中で、「五輪とはカヤの外」という考えを持っていたのだろうか。仮にそうだとしたら、これこそ究極のKYとか言いようが無い。


常に紳士である必要はない。しかし、TPOを踏まえた言動が出来ないというのは、さすがに論外だろう。今回の件で多少でも振る舞いが改善されれば救いであるが、仮に改善されたとしても、今の世論を敵にしている状況は当分変えられない。そして、その状況のまま、彼は五輪の舞台に立たなくてはいけなくなってしまった。


男子スノーボードハーフパイプは、日本時間の18日には結果が判明する。その時、彼はどういう結果、どういうコメントを残すのか…。KYなコメントをするのだけは、勘弁して欲しい。


最後に余談だが、プロ野球の巨人軍は、基本、茶髪や長髪、髭などの見た目を汚すような格好は禁止されている。これは「巨人軍は紳士たれ」という、球団内で決められた憲章に則っているそうだ。
無論、そこまでする必要性は感じないが、こういう規則を定めないといけない状況になってしまうのは、非常に困りものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。