スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の一手だけど…

トヨタが異例の戦略、FCV特許開放の必然


次世代車の燃料の主流は何か…。

こう問われると、正直、解は分からない。燃料電池車かもしれないし、電気自動車かもしれないし、もしくは今まで通り、ガソリンエンジンの可能性もある。
今回、トヨタがこういった姿勢を見せた理由としては、燃料電池という分野を自動車業界で確立させ、開発に掛かったコストを何とかしてペイしたい、という狙いがあるのだと思う。

ハイブリッド車において、トヨタが業界の中心となりえたのは、ハイブリッドの技術もさることながら、ガソリンエンジンとの共存により、今までのガソリンスタンドというインフラがそのまま踏襲出来た事も、大きな要因の1つと推測している。実は今、地方ではガソリンスタンドの閉店が相次いでいるそうだ。大きく分けて2つの理由があるそうだが、1つは貯蔵タンクの老朽化に対して規約改正が発動して、店舗側にて改築費用が準備出来ない事。(これに対しての補助金は全く出ないらしい。)もう1つは、低燃費車の普及により、ガソリンスタンドを使用する回数が少なくなっている事。
全国津々浦々まで燃料電池車を普及させるには、こういったインフラ整備を徹底させないと、完全な普及を達成するのは難しい。逆に言えば、燃料電池車が普及すれば、産業界全体を巻き込む、とてつもなく大きな事業が始まる事になる。

即ち、燃料電池車に乗り替わるという事は、単純に車を乗り換えるだけで無く、業界全体のエネルギー源の中心を乗り換える事になる、非常にウェイトの大きい革命になる可能性が高いだけに、単にユーザーだけの関心に止めてはいけない、…という判断からの特許公開なのだろうと考える。

さて、今回思い切った手段に出たトヨタではあるが、この燃料電池車、本当に普及する見込みがあるか、と聞かれると…私の現時点での予想では「NO」である。
インフラを充実させる…これを確立させるのが非常に難しい。というのも、実は、水素は精製も難しいが保管も難しいのである。水素の保管であるが、実は約-250℃というとてつもない沸点の為、液体での管理がシビアなのだ。
さらに言うと、水素という物質は爆発性が高く、万が一事故が発生した時の周辺に与える被害が尋常ではないではないだろうか、という懸念がある。プロパンガスなんか比較にならないくらいの爆発力があるので、大規模な事故に燃料電池車が巻き込まれると…正直「恐ろしい」の言葉しか思いつかない。その怖さを間接的にでも味わったら、消費者が簡単に燃料電池車に手を出すとは思えない。

燃料電池車は、確かに夢の車かもしれない。何よりもクリーンなエネルギーで、環境に優しい。(インフラ整備で掛かる環境汚染の影響はここではカウントしない…という事で。)しかし、「夢」であるからこそのハードルの高さがあるのもまた事実。仮にトヨタが、というより日本の産業界全体が、このハードルを乗り越えたとするならば、「夢」は現実になるのだが…。

果たして、その現実は見れるのだろうか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。