商品撮影

木曜日、銀座の写真屋に出張してきました。

というのも、実は、社内で製作している製品をHP上にアップするの予定なのですが、そのトライで私のデジカメを使用する事になった次第です。
先月の社員旅行で、必要以上にデジカメで写真を撮りすぎ、目立ち過ぎたか…汗


ちなみに、製品の写真を撮る際の注意事項としては

1製品の色合いがくっきりと表示される事
2影を見せない事

の2つでしょうかね。


今回は製品撮影で使用するレジューサーのお試しという事で、その試し撮りだった訳ですが、さすがに、レジューサーがあると製品の撮影がやりやすい!光源を2台使って当て方を工夫すれば、影すらも消えてしまうので、上司には、「是非2台購入を」とお勧めしておいて、撮影続行。


とりあえず、商品撮影の基本としては…


その1 基本、屋内撮影になるので、明るさを如何にして稼ぐか…がカギ。なので、シャッター速度は0.5秒以上にした方が明るさが安定します。後は絞りは適宜合わせるやり方で。もちろん、三脚は必須。中途半端に安い三脚を用意するなら、多少高価な三脚で足場をしっかり固めた方が、作業はやりやすいです。

その2 必要以上に接写するのは実はNG。色合いの調整や影の対策に苦慮するデメリットしか発生しないので、被写体から1m以上離れて、望遠付きのレンズ(といっても必要以上な望遠レンズにする必要は無し。)で被写体に接近する方法で撮影します。
後でトリミングすると決めているなら、平行とかは取れていなくても問題はありません。

その3 ホワイトバランスは「白色蛍光灯」でたぶんOK。バックの布地の色によって使い分ける手もありますが、レジューサーを使う時点で選択肢は必然的に狭まる筈です。


こんなところでしょうか。
まあ、商品撮影をする機会がある人はそれほど多くないと思いますが、もし、何らかの機会がある人は、参考にして頂ければと思います。


余談ですが、この写真屋さんのすぐ裏手に日本料理屋があるのですが、「お得なランチセット」で3000円だそうです…。気になる方は小生までご連絡下さいwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

撮影!

写真は照明だなぁと、いつも思います。

お疲れ様です!

Re: 撮影!

>千歳さん

> 写真は照明だなぁと、いつも思います。
いやホント、今回のテストで実感しました。

ちなみに、このテストを参考に、実際に機材購入が決まりました。
しばらくは、デジ一がフル稼働しそうですwww
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード