スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月13日という長くて短い1日(part5)-最終章-

最終章です。

手術が終わった後、まずは兄の所に。麻酔の医師によると、手術後15~30分で意識は回復するらしい。言うなれば、手術を受けた本人は麻酔を受けて気がついたら手術が終了しているので、あっという間の出来事という事になる。
その兄だが、確かに意識は回復していて、会話も出来る状況にあった。その会話によると、「首周辺の痛みはそれほど無いが、尿道の方が痛い。」らしい。手術時に尿道にカテーテルを通す作業をしているので、どうもそこが痛いらしい。
とりあえず、痛みの対策として、睡眠作用のある座薬を差しまた安静状態に。

一段落ついたところで、家族で食事をする事に。大きい病院とあって、院内にレストランやコンビニも完備している。家族関係者が集まっている状況でコンビニで済ます訳にもいかなかったので、レストランに入る。
テーブルに並んだ料理は、カレーに、オムライスにチャーシューメンに海鮮丼…まさに和洋折衷。自分が頼んだビーフカレーは、金額こそ1000円ちょっとだったが、値段にしてみればまずまずの味。ココ●チのカレーに慣れていた私からすれば十分である。(実際はレトルトカレーを温めなおしたレベルだと思うが…。)

食事が終わり、その後の会話も他愛のない事には変わりないものの、若干華やかに感じたのは気のせいだろうか。

3時過ぎに、再び兄の病室に寄ってみると、睡眠薬が切れたのか、兄は眠りから覚めていたようだ。最後に軽く声をかけ、病院を去る事にした。無事に終われば特にやる事もない。あえて言うなら、後は術後の経過が順調に進む事を願う事くらいだろうか。

こうして、約8時間に渡る長い病院内の「一刹那」は、こうして幕を閉じた。


追伸
その後の検査の結果、最終的に兄の腫瘍は「良性」であると分かりました。今現在、もう病院は退院していて、現在は自宅で静養中。と言っても、もう会社に戻っても、何の問題もない健康状態だそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よかった

無事で何より。

Re: よかった

>千歳さん

今年は脳ドックかCT検査、及び胃カメラ検査を受けようかなあ…と思っている次第です(笑)。
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。