スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月13日という長くて短い1日(part4)

今回は「心付け」に関しての話。

まず、「心付け」って何?という人もいると思うので、そこから説明します。

「心付け」とは、大きな手術を担当した執刀医に対して、手術に掛かる直接の料金とは別に「気持ち」と称して手渡しで渡すお金の事です。実際、手術で大金を積んでいるのに、さらに追加でお金を渡すの?と思う人も少なくないでしょう。一昔なら当たり前、今でも渡している患者(の関係者)も少なくないお金なのですが…。
「心付け」という単語の意味を辞書で調べると、「祝儀」とか「チップ」もその意義に含まれます。なので、一応皆さん一度は経験しているものではある筈です。とはいえ、こういった業界ではここ最近はあまり見かけなくなってるみたいです。

まあ、今回心付けを用意したのはウチの両親ですが、私自身、その行為に関しては賛同出来るかな、と思います。

というのは、実際こういった病院に行って実際の医師の業務を見ていると、はっきり言って、これほど大変な職業もないのではないかと思います。part2のブログでも書きましたが、医師という仕事はミスが絶対許されない上、始ってしまえば休憩なんてありえない訳ですから…。それも全神経を指先に集中しての長時間作業…。それでいて、医学の進歩に対して常に新しい術法を勉強しマスターしなければならないのですから。
でもって、副業が難しい職業なので、意外と給料も安いのだそうです。(もちろん、一般サラリーマンよりは遥かに高いと思いますが。)

心付けを渡す事で、対応が良くなるとか悪くなるとかは無いと思いますが、それでも「ねぎらい分」くらいの心付けはあってもいいかと思います。

今回渡したのは、心付けとスタッフ分に渡す為のお菓子を複数個分。ちなみに、このお菓子、実は見た目以上にボリュームがあるお菓子なんだけど、あんなに渡して大丈夫なのかな、という微妙な不安…(笑)。


そんな訳で、今回は余談的な話でした。本編はあと1回だけ更新して最終になります(多分…またかwwww)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。