スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャバクラ嬢の哲学?

木曜日に行ったキャバクラで、私の隣に着いたキャバクラ嬢とこんな話になりました。


私「最近、暇な方なの?」

キ「うん、すっごくヒマ。」

私「メールとかで、お店に来て貰うようにしているんでしょ?」

キ「最低限はね。」

私「同伴とか、アフターとかしないんだ?」

キ「私はしない。やる女性がいてもそれは否定しないけど、そういう女性は、大概、長続きしないでお店を辞めちゃう。私は変にがっつく事をすると、逆に男性からすればガッカリするんじゃないかな、と思う。だから、ずっと自然体で挑んでいきたい。その方が男性としても嬉しいだろうし、結果として、またこの店に来てくれると思うから。私はそういう男性だけ相手出来ればそれでいい。『枕目的』で来るくらいなら、最初から風俗に行ってくれればいいし、そんな男性に指名されても嬉しくない。」

私「なるほど、哲学があるんだね。」

キ「哲学ってほどでもないけど…ただ、その代わり、時事ネタはしっかり勉強するかな?政治・経済から、スポーツ芸能ネタまでね。私としても、話が盛り上がった方が楽しいし…。」


ここまで、キャバクラに対して真剣に考えている女性は、多分初めてじゃないかな?
キャバクラに来て感心させられるとは、思ってもみませんでした。


この店を出る時に、黒服さんと軽く会話したんですが…

私「あの子、ものすごい強い意志があるんですね。」

黒「お気に召しましたか?良かったら、またこの店に来て、指名してみて下さい。」

そして、その後に続けて…

黒「ちなみに、今現在、この店のNo.1です。」


…なるほどね。まあ、あまり驚きませんでした。それくらいの器だと思ったので。
この日はお店が暇だったので、人気の高いキャバ場を優先的につけてくれたようです。


No.1になるには、それだけの理由があるという事か…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真理

どこの業界でも、志の高い人は、それなりの結果が残る(逆もまた然り)ですねぇ

Re: 真理

>千歳さん

結局、どこまで自分を貫き通せるか…でしょうね。

ただ、こういった水商売の場合は、最初から「相手探し」で始める人も少なくないとは思います(笑)。
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。