スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堅苦しい言葉で言えば…

復興体制作り、基本法成立で本格化…課題山積


政治家と言うのは、どの時代も形式に拘る癖がある。
要は体裁「だけ」を整える傾向にある。

こういった法案を成立させる意味は、復興を長期的なスパンで継続していく上で大いに意味があると思う。しかし、ここで一番の課題になるのは、「では、そのスパンを実現させる財源はどうするのか?」という事に尽きる。今の民主党政権は、世論の動きばかり気にして、大胆な改革に踏み込めないでいる。消費税の増税も先送りにし、「子ども手当」も継続の方向で調整中との事。将棋でいうなら「手詰まり」の状態。いや、もっと悪い。色々な手があるのに、ことごとく悪手を指し続けているようなものだ。

復興を支援する方法は、何も一つじゃない。
こういった法案で縛りを掛ける事も悪くは無いが、今までの自粛ムードや風評被害を払拭させる事だって、十分に効果があると思えるし、被災者が自ら立ちあがって、復興の道を歩み始めてもいる。人の手を借りずとも、徐々に街は立ち直っていくのかもしれない。
ただ、一つだけ文句を言うなら「中途半端な事をして欲しくない。」という事に他ならない。

財源の確保が無いままの法案成立に、未だに正しい情報が見えない原発問題。いつまで経っても腰抜けのままの外交。どれか一つだけでいいので、是非ともやり切って欲しいものだ。


ちなみに、上記の例で言うなら…

復興支援法案の財源は、消費税増税に頼るしかない。地域限定の高速道路無料化は逆効果なので、やるかやらないかはっきりさせた方が良い。

原発問題に関しては、とにかく命令系統を一元化するべき。最悪、東電を国が買い取ってもいいのではないか。(どうせ、今の東電に損害賠償を支払える力なんか、微塵も無いのだから…)

外交に関しては、とにかく「YES」か「NO」かだけでも、はっきり伝えて欲しい。


せめて、どれか一つだけでもクリアして欲しい。
こっちとしては、どうあがこうと、今の「与党」は変えられないのだから…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。