スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーグの違い?

一発の徹夜で、かなり時差が発生した小生です。
なので、仮眠する前に、軽く気になった記事を…

【プロ野球】なぜセ・リーグはエースが育たないのか?


言われてみれば、セリーグとパリーグの代表する先発投手を上げてみると…
パリーグは、ダルビッシュ、涌井、岩隈、杉内等々、各球団に1人は先発完投型のエースが存在するのに対し、セリーグは前田健くらいだろうか。

私はこの理由を「指名打者制度の有無」にあると推測する。指名打者が存在するパリーグは、シンプルにその投手の調子が良いか悪いか、もしくは打者との相性が良いか悪いかによって、投手を交代するか否かを決定する。逆に言えば、パリーグの投手は、単純に打者との対戦に集中出来るという事になる。

セリーグはそうはいかない。指名打者の無いセリーグは、大きな動きが無い序盤は先発投手がそのまま打席に入るのだが、点数が動いて来る中盤以降となると、チャンスになれば代打という選択肢を迫られる。得点を取り合うスポーツなのだから作戦上仕方ないとは言え、投手の調子の良し悪しは二の次になる事が多い。(というか、ほとんどそうなのだろうけど。)

そしてもう一つ、セリーグはパリーグより勝利至上主義が強い事も影響していると思う。勝つ事はもちろん重要だし、勝つ事と負ける事はまさに天と地の差であるのは間違いない。しかし、それが結果として、先発投手の早い交代、中継ぎ、抑えの分業制が確立してしまったのではないだろうか。

セリーグに指名打者制度を導入するのが理想なのかと言われると、そうでもない。このくらいのリーグ間の違いは止むを得ないだろうし、この違いが日本シリーズを面白くする部分もある。
しかし、結果として、シーズンを通して70試合以上登板する中継ぎ投手を酷使し過ぎている現状を、セリーグ各球団の首脳陣はどう考えるのだろうか。

まあ、これは裏を返せば、セリーグの打者のレベルが高い、という事も言えるのかもしれないが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。