スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HVの異常なまでの需要に対して


こんな書き方をすると、ハイブリッド車の購入者を思いっきり敵に回すような言い方になるが、まあ、あえて書くとしましょう。

(過去のblogの日記を読んでくれている人には分かると思いますが、私は車に関してはうるさい人間です。)


しかし、何でこう世の中の人は、ハイブリッドに飛びつくのでしょうね。
もちろん、スペックはすごいと思いますし、ハイブリッドを対象にした特別減税といった効果もあるかと思います。こういった情勢で、維持費も安くしたいでしょう。

ただ、地方在住者ならまだしも、首都圏に住んでいる人がハイブリッド車を購入しているとしたら、ちょっと笑いますけどね。

首都圏に住んでいる人の多くは、普段、電車で会社に通勤(もしくは通学)している人が圧倒的でしょう。そういった人達が車に乗る機会なんて、週末の1日ないし2日です。(俗に言うサンデードライバーというヤツです。)毎週、派手にドライブしているならまだしも、そうでなければ、月に走る走行距離なんて、せいぜい500km程度、年間でも6000kmです。走行距離が多いほどトータルコストが安くなるハイブリッド車ですが、そこまで車を使いこなしているユーザーが、どれほどいるのでしょうか。ついでに言うと、ハイブリッドのバッテリーも、使用していなければ、徐々に放電していきます。たまに乗ったらバッテリーが上がってるなんて事にならなければいいんですけどね。
車に乗るペースが月に1回ないし2回なんていう人だったら、レンタカーにするか、カーシェアリングにした方が、ずっと経済的です。

そしてもう1つ。地方で日常的に車を使っている人ですが、もちろん、こちらにしてみればトータルコストは有利になる…筈なのですが、ここにも落とし穴があるんです。
例えば、ウチの実家周辺ですが、周囲を高い山に囲まれていて、ちょっとした買い物で、山越えが発生します。ここからはプリウスの例で説明しますが、プリウスの場合、車の始動からある一定の速度に達するまでは、モーターで車を動かします。そして、ある一定の速度に達してから、エンジンの駆動に切り替わるといった仕組みを取っています。もちろん、この方式は、エンジンに負担が掛からなく、燃費を考える上で非常に効率的なシステムです。…平坦な道では!
そう、山道では大いに問題が発生します。というのも、急な勾配の山道では、バッテリーだけでは車の走行に支障を来たす為、止むを得ずエンジンが始動する事になります。しかし、ある一定の速度を勾配のある坂道で出そうとすると、今度はハイブリッド用に積み込まれている高圧バッテリーが仇になるのです。このバッテリーの重さでエンジンに負担がかかり、結果、通常のエンジンより燃費が悪くなります。
ハイブリッド車は燃費向上を目的として作られた車です。しかし、それはあくまで「一般的な公道を走る」という条件で開発されている為に、悪路や坂路といった、特殊な道に対してはまたく考慮されていないのです。

私個人の意見で言うなら、本当に経済的な理由を考慮するなら、軽自動車か、もしくは最新のディーゼル車を購入した方が、ずっと経済的だし、環境にも易しいと思います。(最近のディーゼル車は排気ガスもかなりクリーンなんです。)
単純なブランドイメージや、経済的なメリットだけで購入すると、後悔すると思うのは私だけですかねえ。


まあ、どうしてもハイブリッド車でなければ納得行かない人もいると思うので、そういう人に対して助言しますね。
首都圏近辺の平坦な道をSTOP&GOで進むのなら、プリウスがオススメ。逆に地方の道で坂道や悪路を通る機会が多い場合ならインサイトをオススメします。(インサイトは、始動直後からモーター+エンジンで駆動するのでパワーがあり、バッテリーがプリウスに比べて軽いので、こういう道なら有利です。)


私は買いませんけどね。(爆)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一番維持費が安いのはタクシーですね。
自動車税4万円分も年間にタクシー使わないですから。

軽自動車よりは、1L~1.3Lぐらいが一番燃費に関しては良さそうですね。660ccだと車重に対して非力かとおもいます。

プリウスのテクノロジはすごいと思いますよ。あんな複雑な方式、他ではよう実用化しないですよ…。

No title

>千歳さん

まあ、結論から言えば「買わない」のが、一番お金が浮くパターンなんですけどね。(笑)

軽自動車は、さすがに山道がきついです。坂道を負荷無く上りたいのであれば、1.5Lスペックは必要です。
「エクストレイル」のディーゼルスペックあたりは結構パワーもあって、排ガスの基準もクリアしているので、バランスいいかもしれませんね。

プリウスのHV回生システムは鬼です!燃費だけで言えばモンスタークラスです。
まあ、このシステムを開発する専門部隊だけで、社内に2000人以上いるんですけどね…。

No title

中の人が、予想以上の受注をもらったので、やっと息をつけると喜んでました。
世の中が、みんなプリウスとインサイトになるのはいやだなぁ…

No title

>千歳さん

ハイブリッドのバッテリーの処分って、意外と大変なんですよ。今、こんなにハイブリッドの受注が集中すると、廃車になる時も集中する事が予想される訳です。
ホントにエコなんですかねえ?

まあ、私の予想ですが、これは一時的の需要だと思いますけどね。
贅沢な人間いわゆる勝ち組が、プリウスやインサイトで我慢するとは到底思えませんので。
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。