スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさに究極の進化!


三菱 ランエボ 400馬力…早くも進化した最強仕様、スーパーカー並み

英国三菱は26日、『ランサーエボリューションX FQ-400』を発表した。徹底したエンジンチューンにより、403ps、53.5kgmを獲得。0-100km/h加速は3.8秒と、歴代ランエボ最速のパフォーマンスを発揮する。

三菱はFQ-400のエンジンに、モータースポーツから得たノウハウを注入。ハイフローインジェクター、低抵抗ベアリングを組み込んだ新開発ターボチャージャー、大容量インタークーラー、専用コンピューター、高効率エグゾーストシステムなどを採用し、レスポンス向上とターボラグ解消を狙った。

その結果、2.0リットル直4MIVECターボエンジンは、最大出力403ps/6500rpm、最大トルク53.5kgm/3500rpmを発生。6速MTと三菱自慢の4WD、「S-AWC」と組み合わせられ、0-100km/h加速3.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の圧倒的性能を見せつける。

英国三菱は20日、ランサーエボリューションXに「FQ-330SST」を追加したばかり。最大出力は329ps、最大トルクが44.6kgm、0-100km/h加速は4.4秒だった。FQ-400はこの性能を大きく上回り、スーパーカーに対抗できるレベルに到達した。

FQ-400の足回りは、ビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製スプリングの組み合わせで、フロントは30mmローダウンされた。ブレーキはブレンボ製ではなく、アルコン製を採用。18インチ9本スポークのアルミホイールは専用デザインで、タイヤはトーヨー「プロクセスR1R」を装着する。

外観はボンネットのエアスクープ、軽量フロントバンパー、カーボン製グリル、大型リアウイング、カーボン製ディフューザー、サイドスカート、HIDヘッドランプなどが識別点。インテリアには、レカロ製バケットシートやカーボン製シフトレバー&サイドブレーキレバーなどが奢られた。

FQ-400は英国で6月から販売開始。価格は4万9999ポンド(約760万円)だ。英国三菱は「スーパーカー並みの性能を、優れたコストパフォーマンスで実現した」と、自信を見せている。


以上


すげえ、マジすげえ!!

ターボチャージャー付きとは言え、2リッタースペックで「0-100」が3.8秒は鬼過ぎます!
(ちなみに『0-100km/h』とは、車が0kmから100kmに速度が上がるまでに掛かる時間の事です。)

コーナーワークがどんな感じなのか、この辺の詳細も知りたいです。

値段も相当張りますが、一度は乗ってみたい車です。はい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この価格ならGT-R買うなぁ

さておき、2Lカーの限界に挑戦というのは楽しいですね。
無茶すると、すぐブローしそう…だけど。

No title

>千歳さん

日本で乗るなら、確かにGT-Rでしょうねえwww

こういった車は、耐久性は多少(かなり?)無視しているので、メンテナンス費は結構掛かるでしょうね。
とは言え、「0-100」かましてみてえ~!!

No title

そういやPS3のGTってどうなったんだっけ?
最近PC上の動画観賞もままならないし、DS位しかやらないし・・・
ハイブリッドとか選択できる車種に入ってきたらなかなか。
GM関係はゲームの世界だけになるかもしれんなぁ

No title

>ちょろさん

「GT5」の事ですかね?
とりあえず、販売時期は不明です。
プロローグ版から2年近く経つので、そろそろ発売してもいいと思うのですが。
あまり発売時期が遅くなると、逆に車種が減りそうな気がしますしねえ。(笑)
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。