スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、悲しき5号機(その1)


「その1」とは書いたけど、この1回で終わったりして(笑)


今日、初詣ついでに、新宿まで行って来ました。

ちょっとだけ時間が余ったので、なじみの店だったパチスロ店に足を入れてみたのですが…すごく悲しいありさま。
1フロアにスロットが30台以上並んでいるのに、打っている人はわずか数人。
2年足らずで、ここまで変わってしまうものなのか…。


2年足らず…そう、今のスロットが完全に5号機のみとなったのは、2007年の7月の事。1年半の間に、一気に閑古鳥が鳴く状態となってしまった。


理由は明白。そう、5号機になってスロットのスペックが「射幸心を煽る」という理由で、大幅に変更されてしまったからである。ST機能は全廃。AT機能においてもほとんど現状維持に止まるレベルでしか搭載不可能。ボーナスは純増式に逆戻りでリプレイ外しも不可。
これで何を楽しめというのだろうか…。


こういった機種に対する認可を管理しているのは、保安電子通信技術協会、通商「保通協」と呼ばれている団体なのだが、そもそもこの機関そのものは、警察の天下りで、こういった遊技機の知識なんか、「超」がつくくらいのド素人しか存在しないのである。
(審査に携わっている人間は、それなりにエキスパートなのかもしれないが…)


ギャンブルを10年以上経験している人間の立場から、はっきり言わせてもらおう。


「射幸心を煽らないギャンブルなんて、ギャンブルじゃない!」


だからこそ、今のスロットは閑古鳥なのだ。本当に保通協が「健全なる遊戯機」を目指しているなら、パチンコも規約改正しなきゃいけないんじゃないの?

さらに突っ込んで言わせてもらうと、1回のレースに数十万単位のお金を突っ込める「競輪、競馬、競艇、オートレース」あたりのギャンブルは問題無いのか?
大体、競馬の3連単なんて、どう見たって射幸心を煽っている以外の何物でもないよ。
競輪の「チャリロト」だっけ?あんなの認めてどうするんだよ!あれを射幸心と言わずして何と言うよ!
まあ、競輪、競馬といったギャンブルはパチンコ、パチスロと違って公営ギャンブルの扱いだから、一概に比較も出来ないけどね。


そりゃあ、投資しても回収出来ないんじゃあ、みんなお金なんか突っ込まないよな。
私もその一人。


私はパチスロと関わって15年以上になるので、2号機の頃から知っているんですが、その頃からどう変わったかと言うと…。
これを話すとすごく長くなるので、1回切りますか。


続きはまた次回に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。