なるほどね


【金本あきらめん!休日返上で黙々打撃練習】

阪神の首位陥落から一夜明けた9日、横浜スタジアムで行われた若手中心の指名練習に金本の姿があった。志願の参加。言葉はいらない。行動が、絶対にあきらめない強い決意を示していた。打撃練習で10分間を2セット。同組で打った高橋光、葛城の2倍に相当する時間だ。ロッカー室へ戻った後は、再びバットを持って鏡の前に立つと黙々と素振りを繰り返した。周囲に他を寄せ付けないほど張り詰めた空気を充満させる主砲に、岡田監督は「自分なりの調整がある。自分のスタイルを貫いたらええ。それぞれが万全の状態で次の試合にいってくれたらええ」と話した。

 10・8決戦に敗れて141試合目にして初めて首位から陥落。ナインのショックは大きい。残されたのは3試合。絶望のふちにいることは誰もが分かっているが、その窮状で金本は“動く”ことを選んだ。行動こそがどんな言葉にも勝る決意表明だった。

 「CSのことなんて考えてない。まだ決着は付いていない。可能性がある限りあきらめてへんよ」と岡田監督。巨人が横浜に敗れたが、自力優勝はまだない。現状では巨人の敗戦を祈るしかないが、まずはチームが残り試合すべてに勝つことだ。再逆転が奇跡というなら、奇跡を起こせばいい。阪神の戦いはまだ終わっていない。

以上



あまり野球の事は書かない小生ですが、(情報はありますよ♪)この記事を見て、阪神が首位から陥落した理由が分かりましたね。

これ、ホントは逆じゃなきゃいけないんですよ。

若手は指名されての練習参加みたいでしたが、むしろ、若手こそ自ら率先して練習に参加してチームを引っ張らなきゃいけないんです。もちろん、金本選手はすごいと思いますが、年齢的には全盛期は通り過ぎているので、肉体的にも精神的にも、彼の後継になるべき人を作らなければいけない筈です。
それが、いまだに彼に引っ張られているようでは、チームは育たないでしょう。

首位に躍り出た巨人。もちろんFAで獲得した選手の活躍もありますが、今、一軍で活躍している、坂本、山口といった選手は、生え抜きの選手。若手が伸びてくればチームも活気が出るというもの。10.8の東京ドームで良く分かりましたね。

まだペナントレースは終わっていないので、この後、何が起こるかは分かりません。また阪神が逆転してペナントレースを制するかもしれません。
ただ、今のままでは、金本選手が引退した後の阪神が一気に凋落していきそうな気がしてなりません。

頼るんではなく、自ら「柱」にならないと…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード