スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続して車ネタですが…


【クライスラー、開発中の次世代電気自動車3種を報道陣に公開】

[オーバーンヒルズ(ミシガン州) 23日 ロイター] 米自動車大手クライスラーは23日、開発中の次世代電気自動車3車種のプロトタイプ(試作品)を報道陣に公開した。2010年までにそのうち1車種を発売したい考えだ。
 公開したのは、「クライスラー・タウンアンドカントリー」ミニバン、「ジープ・ラングラー」SUVの電気自動車、および「ダッジ」ブランドのスポーツカーのプラグインハイブリッドのプロトタイプ。
 投資会社サーベラス[CBS.UL]の傘下で経営の建て直しを計っているクライスラーは、開発途中の電気自動車を公開することで、燃費の悪い大型車を製造する自動車メーカーとのイメージからの決別を図りたい考えだ。また、新車開発能力に限界があるとの疑いを払しょくする狙いもある。
 米国では、ゼネラル・モーターズ(GM)が2010年11月に電気自動車の「シボレー・ボルト」を発売予定。クライスラーが予定通りに2010年までに発売にこぎつけられれば、環境に優しい車部門でGMと競争できる。
 クライスラーの開発部門を率いるフランク・クレゴン氏は記者団に対し「クライスラーは一般に考えられているよりも多くの開発計画を実行中だ」と胸を張った。
 公開された3車種のうち、「ダッジ」ブランドのスポーツカーは、プラグイン・ハイブリッドという外部コンセントから電力をバッテリーに充電できるタイプのハイブリッド車で、現在ロータス・カーズと共同で開発中。停止状態からアクセルを踏んで、5秒以内に時速60マイル(時速97キロ)までの急加速が可能で、一回の充電で200マイル走行可能だ。
 クライスラーは現在、次世代電気自動車の生産計画や販売価格などを策定中。リチウムイオン電池の調達先も検討中という。
 ガソリン価格高騰を受け、市場の需要がクライスラーが得意とするトラックから燃費の良い小型車に移ったため、クライスラーの売り上げは落ち込んでいる。


以上


で、 ↓ がその写真





見た目は悪くないです。(スポーツカーのボディカラーは微妙ですが)
後は、実際の性能と金額でしょう。
もともと、クライスラーの車自体、燃費と耐久性があまり良くないんですよね。この記事通りだとしたら、0~100のタイムが5秒を切るんだから走行性はまずまずじゃないかな。
ただ、個人的には1回の充電で200マイルではまだ少ないなあ。後100マイルは走って欲しいです。

もう1つ気になるのは、1回の充電でどれくらいの時間を要するか、という事です。1回で1晩掛かるとしたら、掛かりすぎですね。長距離移動なんかとても出来ないです。

まあ、とりあえずは、クライスラーさんのお手並み拝見と行きましょうか♪
2010年、どんな車が世の中を走っているんでしょうかねえ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。