スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危なかった…


<ジュリアナ東京>ボディコン、扇子、お立ち台…バブルそのままに一夜限り復活


 バブル末期に一世をふうびした伝説のディスコ「ジュリアナ東京」が9月6日、一夜限りで復活した。音楽会社「エイベックス」の創立20周年記念イベントの一環。会場となった東京都江東区有明のイベントホール「ディファ有明」は、当時そのままの「ミニスカ」「ボディコン」で身を固めた女性らで埋め尽くされ、30、40代の青春時代を再現した熱い一夜となった。


 ジュリアナ東京は91年5月、東京・芝浦に開業。過激な服装に身を包んだ女性が扇子を片手に、お立ち台と呼ばれるステージ上で踊る姿は時代を象徴する現象となった。しかし、93年12月にお立ち台を撤去してからは客数が激減し、94年8月に閉店した。


 閉店から約14年後の6日、会場前にはオープン時刻の午後6時前から長蛇の列ができた。超満員の会場では、ジュリアナ初体験の20代から体験世代の30~40代の女性が、激しく鳴り響くテクノサウンドの中で踊りまくった。お立ち台では、ジュリアナ東京のカリスマ的存在で「荒木師匠」と呼ばれた荒木久美子さんと「バブル青田」として歌手デビューもしているタレントの青田典子さんがダンスバトルを演じ、会場を沸かせた。




いやあ、これ、行こうと思えば行けたんですよ。(無料)しかし、ニュースを見て「行かなくて良かった。」って思いましたね。
だって、人が多すぎて入場規制が掛かったみたいでしたし…。

昔は、暇あれば、そこいらじゅうのクラブやディスコに遊びに行ってましたね。
ジュリアナも2回くらい行ったことがあります。危険な場所でした。色々な意味で(笑)
今となっては昔の話ですけどね…。

ちなみに、今後「マハラジャ」や「ベルファーレ」も同じようなイベントを行うみたいです。この狂乱の世界を体験したい方は、参加してみては?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1万5千人詰めかけたとか・・・
揮発性の毒物持ち込んだら一発ですね。(汗)

CO2ばらまいても逝くんじゃね?

No title

>ちょろさん

すいません、コメント見逃してました…(汗)

ディファ有明ですからね。CO2だと、ただの酸欠状態で誰も気づかないかもしれませんね。
もちろん、硫化水素だったらえらい事になるでしょうが…(爆)

余談ですが、高濃度の過酸化水素水って、普通の塩酸や硫酸より危険って知ってます?
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。