暇なので、コラムります


【帝王切開死亡事故 大野病院産婦人科医に無罪判決 福島】


 福島県大熊町の県立大野病院で平成16年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法(異状死の届け出義務)違反の罪に問われた産婦人科医、加藤克彦被告(40)の判決公判が20日、福島地裁で行われ、鈴木信行裁判長は無罪(求刑禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。判決言い渡しは午後3時ごろまでに終わる見込み。
 手術時の判断をめぐり、執刀医の刑事責任が問われたこの事件の公判では、「過失は明白」とする検察側と、「手術は適切だった」とする弁護側が全面対立。医療行為は適切だったのか▽危険は予見できなかったのか▽医師法違反に該当するのか-などが争われていた。
 執刀医の逮捕・起訴については、「診療が萎縮(いしゅく)する」として、日本産科婦人科学会をはじめ多くの医療関係者が反発、第三者の立場で医療死亡事故を究明する“医療版事故調”設置の議論を加速させる要因にもなるなど、国の医療政策にも大きな影響を与えた。
 論告などによると、加藤被告は平成16年12月17日、子宮と胎盤が異常な形で癒着した「癒着胎盤」の症例だった女性の帝王切開手術を執刀。子供は無事に生まれたが、女性は子宮から胎盤をはがす際に大量出血し、死亡した。また女性の死亡を24時間以内に警察署に届けなかった。
 検察側は、「剥離(はくり)を中止して子宮を摘出すべきだったのに、無理に続けて失血死させており、過失は明白」と主張。これに対し、弁護側は「剥離を始めれば、完了させて子宮の収縮による止血作用を期待するのが産科医の常識であり、臨床現場では、検察側が主張するような措置を取った例はない」として、検察側に反論していた。
 また、検察側は「事故後、自分の過失で失血死させた可能性を被告自身が述べており、異状死と認識していたことは明らか」として、異状死を届けなかった医師法違反を指摘。一方、弁護側は「被告は異状死と認識していなかったうえ、上司と相談して届け出なくていいと指示されていた」と主張していた。



これ、亡くなった遺族の方には気の毒かもしれませんが、判決としては正当な判決ではないかと思います。
正常な状態での出産であるならまだしも、今回の例は特殊な症状であって、やむを得なかったのではないでしょうか。こういった事例で医師に過失を問われると、ただでさえ医師不足の状態である中で、さらに医師を目指す人が減少していく事に繋がるでしょう。ましてや、小児科と並んで最も医師が不足していると言われている産婦人科はより深刻な事になるでしょうね。
医者だって絶対ではありません。これで責任問題に発展するなら、医者だってやりたくは無いでしょう。

死亡通告を即座に行わなかった事は、多少問題かと思いますが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

風邪だって悪化すれば合併症を起こして死亡することもあるんですし。
治癒率100%じゃないですから、私もこの場合は適正な判決だと思います。
(そもそも医者には、適正な治療で死亡した場合の過失責任はない)

でも、この裁判が始まった時、産科の人、1割も減ったそうですよ。

No title

>千歳さん

これをミスと判断されると、医者としてはやっていけないでしょう。
私の友人に医者がいるのですが、激務でかなり疲労度が高いみたいです。循環器系の医者なんですが、それでも暇は無いらしいです。

医者も転職が激しい職業だそうです…。

No title

腕一本で食べていける職業は、どうしても転職のリスクが低いですからね。
ウチの友達も医者が何人かいましたが、最近はずっと音信不通…
忙しいのかなぁ

No title

>千歳さん

転職できる腕があれば、人生苦労しないんですけどねえ…(涙)
あっ、正確に言うと「転職してより生活が豊かになるスキル」ってところでしょうか?
私には、当然そんなスキルは1ミリもありません。(爆)
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード