末期であることは想像していたが…

川村カオリさん死去…38歳、がん闘病力尽きる


 「神様が降りてくる夜」「翼をください」などのヒットで知られる歌手の川村カオリさんが28日午前11時1分、がんのため都内の病院で亡くなった。38歳だった。04年に乳がんを患い左乳房の全摘出手術を受けたが、08年10月に乳がんの再発と、肺などへの転移を公表。闘病生活を続けながら今年5月には20周年記念ライブを行ったが、その直後に再び入院し、治療に専念していた。

 がんを公表し、闘病生活を送っていた川村さんが、38歳の若さで天国へ旅立った。所属事務所が発表した。

 5月5日に東京・渋谷C.C.Lemonホールで20周年記念ライブを行った川村さん。ライブでは「この通り元気です」とファンに笑顔を振りまいていたが、実はすでに満身創痍(そうい)だった。4月半ばに、がん性胸膜炎を発症し4月末まで入院。ライブのために一度は退院したが、直後に今度は新たながんの転移が見つかり、すぐに入院した。

 7月1日付の自身のブログで転移を公表。「入退院を繰り返しているうちに体力を消耗してしまい、治療方針を細かく変えて治療中」と説明し「みんなからもらった元気玉や祈りを無駄にしない様に、しばらく治療に専念したいと思います」と音楽活動の休止を発表。今月17日には、TBS系「中居正広の金曜日のスマたちへ」で、長女・ルチアちゃん(7)と生まれ故郷のモスクワを訪れる様子や、ステージ裏で何度も息を切らせ酸素を吸いながら5月のライブを敢行した闘病生活が放送されたばかりだった。

 お見舞いに行った関係者によると、数日前まで意識ははっきりしていたという。ここ2、3日の間に体力の低下により容体が急変したようだ。

 川村さんは99年にギタリストのMOTOAKIと結婚し、01年にルチアちゃんを出産した。04年に乳がんを患い左乳房を摘出。その後、音楽活動を再開。07年には離婚を発表し、シングルマザーの道を選んだが、08年1月にリンパ節、骨、肺の3か所への転移が判明。点滴による抗がん剤治療を続け、同年10月に転移を公表。「共存していこうということ。薬を信じて頑張っていきます」と闘病を誓っていた。川村さんの母・エレーナさんも98年、48歳の時に乳がんで亡くなっている。

 今年1月には11年ぶりに誕生日ライブを行い、5月には13年ぶりのアルバムも発売。復活を期していた。


以上



なんと言うべきか…
というか、特に何も言うべき事もないのだろうか。


38歳…あまりにも早過ぎる旅立ち。
残された一児の子供も不憫でなりません。


とにかく、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード