スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中バカばっかりだ!!

Winny裁判、判決後にノード数が増加! ~ 10月最高値を更新

 ネットエージェントは、大阪高等裁判所における“Winny裁判”前後の時期について、Winnyノード数の推移の調査結果を発表した。

 同社では、Winny・Share・LimeWire/Cabos・Perfect Darkなど、国内で現在使われている主要P2Pファイル共有ソフトに関する調査を定期的に行っている。ノードとは「Winnyをインストールされたパソコンが、インターネットに接続された状態で、Winnyを起動している(=Winnyをその時点で使用している)状態での、固有の認識番号のようなもの」を示す。1ノード=1ユーザと見ることができ、平日で延べ約350万ノードの中からユニーク(固有)ノードを抽出している、

 10月8日の大阪高裁における判決では、一審で著作権法違反幇助の有罪判決を受けたWinny開発者の元東京大大学院助手・金子勇氏に対し、逆転無罪の判決が下された。Winnyについては、判決当日10月8日以降、先月までの平均ノード数に較べてややノード数の増加が見られたという。これはノード数が多くなる週末と重なっていることもあるが、いまだ30万人近くの国内最大規模のP2Pネットワークが確認されたとのこと。

 実際にグラフを見る限りでは、10月12日においては、9月平均(205,235)を大きく上回る299,309のノード数が確認されている。これは10月における最高数値でもある。「Winny自体(および金子氏)が無罪である」としても、「Winny利用者が無罪である」というわけではない。今後もこのような上昇が続くのであれば、懸念されるべきところだろう。

以上


この記事の最後に書いてある通り、今回の裁判で対象になったのはWinnyに対する開発に関しての範疇であり、今回無罪になったからといって、結局、著作権に反する行為を行えば、当然その人は有罪なんですよ。

この判決後にWinnyを再使用し始めた人は、多分、この判決の本筋を全く分かっていないか、もしくは自分勝手に解釈してしまったかのどちらかでしょう。(著作権に反しない使い方をするのであれば、Winnyを自粛する必要はないし、逆にやましい事をしていたから自粛した、と考えるのはごく普通の事。)
数日前の私の日記に書いたように、この「ツール自体」は、著作権を違反する行為にはならない、というのが私の持論であります。しかし、誤った使い方をしてしまえば、結局その使用者は違法行為以外の何者でもありません。

このノード数の集計が、多少偏りがある可能性も否定できませんが、少なくとも私の中では「ノード増加数=違法行為者」と考えます。
この判決以前から、Winny継続して使用していた違法者もいる事を推測すれば、実際にはもっと多区の人間が違法行為をしている事になるでしょうね。


ちなみに、究極のアフォとして「Winnyを使わなければいいんだろ?」という書き込みを、某サイトで見かけましたが、念の為書いておきます。

どんな方法にしても、第三者が不特定の人間に対して、著作権を有する物をばら撒いてしまえば著作権侵害であって、その際に使用されたツールは一切関係ありません!



まあ、ほとんどの大多数ネットユーザーは、これくらいの事は一般常識として捉えてくれると思いますが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。