どこまでアホなんだ!


ニュースからの転載です


【高校水泳部困った 福島県教委が飛び込み禁止】


 福島県教委が1日付で県立学校のプールでスタート台から飛び込む行為を全面禁止にした措置に、高校の水泳部員が困惑している。県立高校のプールに飛び込んだレスリング部員が死亡した事故を受けて出された通達だが、国体予選の県総体が目前に迫る水泳部員は大会に向けたタイム測定さえままならない。やむを得ず禁を破る高校もあり、水泳部関係者からは「経験を積んだ水泳部員なら危険はないのに」と通達解除を求める声が出ている。


 事故は6月10日、大沼高(会津美里町)で起きた。レスリング部の1年男子(16)が練習の一環で部員らとプールに入り、高さ約60センチのスタート台から飛び込んだ際、水深約1.2メートルの底に頭をぶつけ死亡した。

 付き添っていた部顧問は「飛び込む瞬間は見ていない」といい、詳しい状況は不明。県教委は「事故原因が分かるまでの再発防止策」として、スタート台からの飛び込みを禁止した。

 1、2年の水泳部員7人が8月の県総体や9月の新人戦に向けて練習に励む福島東高(福島市)では通達後、大会に届ける自己タイムの測定のためスタート台からの飛び込みを数回行った。届け出タイムで泳ぐ順番やコースが決まるため、少しでもいいタイムを出そうと、やむにやまれず踏み切ったという。

 同部顧問の藤田敏夫教諭は「通達は尊重するが、一生懸命練習する生徒に飛び込むなとは言えない。部員は経験を積んでおり、事故の心配はないのに…」と困惑。吉田雄基主将は「飛び込みをしばらくやらないと形が崩れてしまう」と影響を懸念する。

 県高体連水泳部の村上博専門委員長(福島成蹊高教諭)は「スタートはターンと並んで重要なポイントで、練習次第では大幅にタイムを短縮できる。部活動でも禁止するのはちょっとやり過ぎではないか」と指摘する。

 このまま禁止が続けば、例えばリレー競技は練習なしで本番に臨まざるを得なくなるなど、混乱は必至。水泳部関係者は「部活動だけでも早く禁止を解除して」と訴えるが、県教委は「再発防止策が決まっておらず、夏休み中に解除するかは分からない」と話している。


以上



何がアフォかって?福島の県教育委員会に決まってるじゃあないですか!

レスリング部の事故は、明らかに「監督不行き届き」以外の何者でもないでしょ。「見てない=管理してない」なんだからさ。それを「原因が分からない」って…ヴァカか?アフォか?
「再発防止策が決まっていない。」じゃなくて「ハナっから決める気がない。」のいい間違いじゃないの?

この記事にもあるように、水泳の選手にとってスタートとターンは死活問題です。リレーなんて、コンマ5秒とか3秒という繊細な時間をあらそう競技なのに、水泳部がその練習を出来ないなんて、ありえません。(五輪ではコンマ1秒という世界になります!)
他の運動部を飛び込み禁止にするならまだしも、何で水泳部まで禁止するかなあ…。
全くもって意味不明です。

多分、県教育委員会の在籍しているジジイの息子が水泳部だったら、この処置はすぐに変わるでしょうね。面倒くさい事はしたくない、というのが見え見えですけど…。



そのくせ、結果が出ないと「早急に強化策を練らないと」って言うのかなあ?
あっ、言わないか!最初から「興味無い」って事なんだろうからさ。(爆)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード