スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数えてみよう


何人いるんだろうなあ…


投手でいうと、松坂に岡島に黒田に斎藤隆に福盛に藪田に小林雅。

捕手で言えば城島。

野手で言えば、イチローにW松井に岩村に福留に井口に田口。


総勢15人。単純に言ってしまえば、一応野球の1チームは成立する…。
分かりますよね。日本人メジャーリーガーの数です。


しかも、今シーズン終了後、上原もメジャー挑戦するそうな。
もしかしたら、川上や岩瀬あたりも挑戦するのかな?


野茂がメジャーに挑戦した頃は、どのマスコミも野茂だけに注目が集まったが、今はそんな時代じゃないんだなあ…。


もちろん、一流の選手がさらに上を目指して活躍の場を求める事は、非常にすばらしい事であり、賞賛に値する事ではある。ただ、結果として、日本のプロ野球は取り残される運命にあるのかもしれない。「上には上がある」という事実が分かったのだから。そして、メジャーに挑戦する選手の多くはチームの柱となる選手ばかり。
イチロー無き後のオリックスも、松井無き後の巨人も今のチーム状況は決して安泰ではない。
それどころか、どんどん深みに嵌っている感が否めない。


メジャーリーグが嫌いではない。ただ、レベルの底上げにならない流出だとしたら、数年後に残っている日本のプロ野球は、お粗末な物にならないのだろうか。「プロ野球」をただの通過点としてしか見ていない選手ばかりになってしまっては、あまりにもファンに失礼な気がする。


そういう意味では、やはり「日本→メジャー」に移籍する際のルールは、しっかりと見直した方がいい気がする。FAでもポスティングでも、曖昧なままに動いている訳だし、一度、しっかりとした規則を設定した方がいい。もっと遡っては、ドラフト制度も見直さなければいけないかもしれない。


のんびり構えていては間に合わない。
海外で、日本人メジャーリーガーが活躍するニュースを聞く度に、そう思ってしまうのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。