消えゆくHD-DVD


ちょろっとmixiにも書いたけど、HD-DVDが撤退するらしい。
個人的にはちょっと微妙だが、まあ規格が2分割されるよりはずっといい。

BDに一本化することで、今後の動向をちょろっと考えてみた。


メリット
まず、記憶媒体の容量が大幅に増えるのはすごく嬉しい。1枚のメディアで大量のデータを保管出来るので、無駄な収納が不要になる。ありがたや、ありがたや…。
そして一本化される事で、大量生産化によるコスト削減が見込まれる。今までどっちつかずでなかなか大量生産に踏み込めなかったメーカーが正式に参入する事で、新たな競争を生み出し、価格が安くなる方向になる。

デメリット
一番痛いのがDVDとの互換性がほぼ断ち切られる事。(正確には映像DVDの再生は可能らしいが、内部データの互換性は無いらしい。)今までのデータをDVDに保管していたユーザーはかなり面倒な手順が必要になるだろう。
そして、メリットで「価格が安くなる」と説明はしたものの、やはりまだ価格は高い。メディア1枚取るにしても、そう易々と買える代物ではない。この辺をクリア出来ないと、ユーザーの購買意欲は向上しないであろう。


そもそも米国の映画業界がBDに食いついたのは、DVDの売り上げが減少している理由の一つとして「DVDデータのリッピング」が影響しているという考えがあり、今回DVDとの互換性を完全に断つ事でメディアの売り上げが期待できる、という目論みもあったみたいだ。
過去の物はバッサリ切り捨てる…いかにも大企業が考えそうな作戦だな。


いずれにしても、個人的には当面次世代DVDの購入は様子見です。
理由はシンプルで「必要性が無いから」です。大画面スクリーンを持っている訳でもないし、高画質な液晶を持っている訳でもないですから…。
何より、データを保存するだけならHDDにした方が、安いし場所とらないんだよね。(爆)


しかし、東芝で働いている同期、給料に響かなければいいけど…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード