スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯まで後2週間…

最早、期待する物が無くなった。


月曜日の日韓戦…ある程度は予想していたが、予想をはるかに超える惨敗…。
2対0というスコア以上に、虚しさを覚えてしまった。

試合終了の笛とともに、会場内のサポーターはブーイングすらしなくなってしまった。ある意味、当然かもしれない。ブーイングする内は、まだ期待している部分があるからだ。

ブーイングすらない=もう期待しても無駄だ。

半分、諦めの世界に入ってしまったんだろう。


韓国の得点。ロスタイムのPKは置いといて、前半早々の1点目は見事だった。ある意味これが「ワールドクラス」と言えるシュートなのかもしれない。世界で戦うには、この失点も防がなければいけないのだが、まあこれを「やむを得ない」と判断して、ここからどう巻き返すか、という部分になるのだが…。
これが全然さえない。前に行こうとしない攻撃陣に、足が止まる中盤。シュートで終わる事すらない攻撃では、ゴールなんか期待出来ない。「1点負けている。」という意識が無い攻撃としか思えない。

そもそも、采配も采配だ。スターティングメンバーに本田と中村俊輔を入れたのは、テストを加味した事と考え、いいとしよう。その後の交代は何を意図としているのだろうか?
中村俊輔→森本はまだいいとして、本田→中村憲剛の交代をして攻撃の核を失わせる交代に、なんの効果を見出そうとしているのか?
そして、とどめが遠藤→駒野の交代。この交代は何?試したかっただけ?1点負けている試合でこの交代の意味は何?
先に大久保→矢野の交代があったなら、前掛かりに攻める意図が見えたのでまだ分かる。交代の順番が逆じゃないの?

この日韓戦を見た限りでは、申し訳ないが、韓国は「永遠のライバル」というレベルでは無くなってしまった。
韓国のレベルが上がったというより、むしろ、日本のレベルが下がってしまったと言った方がいいかもしれない。
この場に及んで、監督自らが進退を伺うという状況になっている。さすがに今からでは無理だろう。交代するなら昨年の時点、いや、今年に入ってからでも十分交代のチャンスはあったのだが、それを協会側は見逃してきた(というか無視した)のだから、この岡田体制でW杯に挑むしかない。


私の予想では、ベスト4どころか、予選リーグ突破さえ夢のまた夢と思える。(多くのサポーターはそう感じているだろうけど…)ただ、予選敗退するにしても、4年後に希望を見出せるような試合をして欲しい。少なくとも予選3試合でゴール数0では、夢も希望も無い。そんな試合をしてしまったら、この4年間が無になるどころか、マイナスになってしまう。1歩でも先に進める結果を残して欲しい。


日本代表には、「日本の代表」というだけでなく、「アジアの代表」という意味も兼ねて頑張って欲しい。仮に、今回の予選であり得ない惨敗をしてしまった場合、次のW杯の予選、アジア枠が減らされる可能性は高い。それは、今後の日本サッカー、及びアジアサッカーの未来も掛かっている。


プロという世界がある以上、20年以上前の「サッカーの後進国」という状況に戻って欲しくは無い。
(その当時は、まだプロという土台が無かった時代なのだから…)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。