スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CP+を見て思った事

今日を持って、CP+が終了しました。

本当は初日も参加したかったのですが、初日はどうしても外せない用事があったので断念。


主なブースの感想や、写真については、某SNSでうpしたので、ここではまとめ的な事を。
(というか、このblogだと、どうしても画像がうまくうp出来ないのよ…汗)


今回のCP+は、大きく2つにわかれた感じがありました。
一つは「今までの技術をより発展させて、高い技術を提供しようとする試み。」そしてもう一つは「カメラという敷居を下げて、より多くの新規ユーザーを取り込もうとする動き。」この2つですね。

前者は、昨年まで実施してきた「PIE」の踏襲パターン。(『CP+』は、昨年まで主催していた団体が解散して、新たに結成された団体によって新たに企画されたイベントです。)ペンタックスの645Dのタッチ&トライのコーナーやキヤノンの高感度撮影体験コーナーあたりが代表的な例でしょう。

後者は、今までなかった新しい動きです。この動きを活発にしたのは、新しい技術「EVF」の開発でしょうね。
この技術進歩によって、今までなかった「ミラーレス一眼カメラ」が、ユーザーの手に届こうとしている訳です。
この紹介に力を入れていたのはパナソニックやソニーあたりでしょうか。


「一眼レフカメラ」と「ミラーレス一眼カメラ」。「ミラーレス」の方は、各メーカーによって、呼び方が異なるかもしれませんが、基本システムは変わりません。今まで「OVF」という、光学ファインダーが圧倒的に主流を占めていたデジカメの分野において、「EVF」という電子ファインダーを活用した小型化、軽量化が実現しつつあり、「ミラーレス」が市場に出回る事になりそうです。

今までの高感度デジタルカメラは、OVFのを搭載する為にミラーボックスが不可欠なのですが、このOVFがEVFに変わる事でミラーボックスが不要化。ダウンサイジングが可能となった訳です。

今までのデジタル一眼レフカメラというのは、すごく単純に言えば、アナログ時代のカメラに対してデジタル信号処理を追加したものであって、カメラを撮る時の基本技術は、あくまでアナログ時代のままだった訳です。
これに対して、今回のEVFの搭載によって、今までのカメラの概念を変える新技術が、デジカメの分野に投入される可能性を秘めています。

分かりやすく例えるなら
デジタル一眼レフカメラ→アナログレコード
ミラーレス一眼カメラ→CD

と言った感じでしょうか。


私個人の意見ですが、この両者を比較するのはナンセンスだと考えます。
OVFは被写体を直接捕らえる事が出来るので、ファインダー越しのイメージと実際の写真とのイメージは合致しやすいメリットはあります。ダイレクトに被写体を捕らえられるので、高速なシャッタースピードを求められる世界では存分に力を発揮できるでしょう。
EVFはミラーボックスが不要になる事で、より小型化に、そして、より安価でデジタルカメラを購入する事が出来るでしょう。安価で多種多彩なレンズを手に入れられるのは大きいですし、旅先で大きなレンズを必要以上に持って行く訳にもいかない訳ですから、手軽に撮影機会が増えるのはいい事です。

ミラーレス一眼の課題は、この新たなデジタルカメラのレンズに対して、サードパーティーが新規参入してくれるかどうか。理想を言うなら、このEVFを用いた新しいデジカメの規格を統一して欲しいところです。規格統一されれば、よりサードパーティーが参入しやすい環境となり、このミラーレス一眼の分野がより活性化されると思いますので…。

デジタル一眼レフカメラを持っている私からすれば、ミラーレス一眼カメラに乗り換える事は無いと思いますが、もし、私がデジタル一眼レフカメラを買う前に、ミラーレス一眼カメラがここまで発展していたら…。


シェアがどう変わるかって?
私の予想は、「コンパクトデジカメ」→「ミラーレス一眼」の移行はあっても、「一眼レフ」→「ミラーレス一眼」の移行は無いと予想します。
そういう意味では、今デジカメの大半のシェアを握っているコンデジの分野が変わってくるかもしれません。コンデジメインで開発している富士フイルムやカシオが、厳しい立場になるかもしれませんね。(もちろん、この両メーカーも、このEVFでシェア拡大を図っているかもしれませんが。)
「ミラーレス一眼」→「一眼レフ」への移行が起こるかどうかは、今後の一眼レフデジカメの動向次第。エントリータイプのモデルが、寄り扱いやすくて安価になれば、一眼レフも見直される可能性が十分あると思います。

そういう意味では一眼レフデジカメも、無理に多機能にするよりは、必要最低限の機能しか搭載しないモデルもあっていいのかもしれませんね。
そもそも、ある程度カメラ慣れした人には、「そんなモデルは一眼レフじゃない!」という事になるので、バランスが難しいでしょうが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミラーレス

私もミラーレスを買うなら、「買い増し」ですね。コンパクトの置き換えにはなると思います。
まぁ、4、5年もしたらどうなってるか分かりませんがねぇ(^^;)

Re: ミラーレス

>千歳さん

その4~5年が待てるかどうかが、カギでしょうかね?
カメラ好きな人間は、1年だって待てるかどうか、という世界ですからねえ…。
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。