この後の日本は…?

とりあえず…衆議院選挙が終わりました。
ある程度予想していましたが、自民党の圧勝となりました。

こうなった要因としては、結局、「今の現状を変えてしまうリスク」と「今のまま変わらずに進むことのリスク」の2つを天秤に掛けて、結論として前者の方がリスクが高い、という結果に過ぎないのだと思います。
変革を求めつつも、今、目の前にある現実を国民は優先した、という事ではないでしょうか。

尚、今回面白かったのは、実はある一部の党以外は、議席数に変動はほとんど無かったのです。民主党ですら、議席数は増えているのですから。とは言え、民主党は痛いでしょう。党首が小選挙区で敗れ、比例復活も出来なかったのですから。党の代表が議席を取れないというのは、さすがにいただけません。与党になった時にしっかりとした政策が取れなかった代償が、少しずつ出てきているのかもしれません。

今回議席を減らしたのは次世代の党で、その減った分がそのまま共産党に流れたという結果になります。投票率が低くなると、組織票が期待できる政党は強くなる、という図式がよく分かります。


しかし、衆議院選挙というのは、国政を左右する意味でも非常に大事な選挙だと思うのですが…投票率が伸びませんでした。
参政権というのは、字の如く「政治に参加する権利」であって、する、しないの選択は本人の自由です。しかし、結果として、自分の不利益な社会制度や法律が出来た時、参加しなかった人は、どんな言い訳をするのでしょうかね?「国政が悪い」と言い訳しても、そんな国を選択したのは当本人ですから。
それに従うのが嫌なら、日本を脱出すればいいでしょう。東南アジアかアフリカあたりの途上国に行けば、そこそこ幸せに暮らせるのではないでしょうか。


何が言いたいのか?
もう少しだけ、日本の行く末を皆で考えませんかねえ、という事です。
まあ、私自身も、現状は自民党政権で政治をコントロールするしかない、とは思っているんですがね…。(許容する、といったレベルですが。)
スポンサーサイト
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード