目的はシンプル

ソフトバンク、イー・アクセスを買収 完全子会社化

この買収の目的はただ一つ。
「1.7GHzの周波数帯のLTEを、SBとして使えるようにしたい。」の一言。

もっと言うなら、SBとしてと言うより「iPhone5」として、と言った方がいいのかもしれない。

イー・アクセスを買収する事で、SB版のiPhone5は、2.1GHzと1.7GHzの2つの周波数帯を使用できる事になる。帯域が広がる事で、より高速通信に対応出来るようになる、という訳だ。まあ、イー・アクセスの帯域は、まだ首都圏エリアでしか有効でないので、全国という範囲で見れば、それほど大きな強みになるとは言い難い。(とはいえ、首都圏がカバーできるのは大きいのだが…)


一番問題なのは、こういったインフラ整備の手段として、M&Aを駆使するしかないという状況。こういったインフラ整備は、本当は自社でしっかり構築していく必要がある筈なのですが、まず、そこに力を入れないSBの体制ははっきり言って論外。結局、つけ焼き刃でしかない対応で、綱渡りな運営に過ぎない。
そして、こういった手段を取らざるを得ないもう1つの問題。それはこういった新しい技術に対して、なかなか新規参入が難しいという、この業界の体制。この帯域の割り当ては電気通信事業者協会が管理しているが、ここの管理団体自体が、大手の通信系企業で固められている体制の為、なかなか、新規参入に対しての割り当てが難しい状況になる。今でこそSBの孫氏が会長を務めているので、一時期よりはまともなのかもしれないが、それでも勝手気ままに帯域は決められない。だから、LTEという高速通信においても、単純に周波数帯域を確保できる訳では無い。


そんな苦しいインフラを解消するには、こういった手段を取るしかない。ある意味、力技である。
この手段が正しいのが正しくないのかは、あと数年すれば明確になると思う。


まあ、小生がSBのキャリアを使用する事は、一生無いと思いますが…。
スポンサーサイト
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード