スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このタイミングでハリルホジッチ解任

このタイミングでねえ…


確かに、今の時期でレギュラーメンバーが固定できず、システムですらあやふやだったハリルホジッチ監督の采配に、疑念を感じない訳ではなかったです。
ただ、今回の監督交代に関して思う疑念が2つ…。


その1「何故、今なのか?」
W杯出場を決めた時に、この監督と心中するつもりではなかったのでしょうか?
仮にそういう契約条件でなかったとしても、出場を決めてからこれだけの期間を費やしての監督交代。正直、リスクでしかないと思います。いくらなんでも、後任の監督にこのわずか2か月でチームを作り上げろ、というのは無茶な注文だと思う人は少なくないでしょう。


その2「誰が責任を取るのか?」
出場を決めたからには、結果を出さない訳にはいきません。そして、結果を出さなければ、当然、責任問題に発展します。
先にも書きましたが、後任の監督に「この2か月で結果を出せ。」というのは、あまりにも酷だと思います。
となれば、責任は…当然、サッカー協会になるでしょう。その覚悟が協会側にあると思っていいのでしょうか…。


ちなみに、監督業は結果を出さなければいけない仕事。しかし、監督と言えど1人の人間である事に変わりありません。
W杯本線直前に、監督をころっと替えてしまうような国のオファーを受けるような監督が、今後果たして出てくるかどうか、かなり怪しいと思われます。即ち、今後の監督は、日本人監督に任せるしかなくなる、という構図になるでしょう。
それだけのリスクを背負う覚悟での監督交代であるのですが…。
1つ間違うと、今回のW杯どころか、今後の日本のサッカー界そのものが冬の時代になる可能性もあり得る気がします。

というのも、日本人監督で世界に渡り合える監督というのは、まだ存在しないと感じています。世界を肌で感じている外国人監督の腕を借りるというのは、もうしばらく必要だと思います。その世界の経験を学習出来なくなる恐れが出てくるのは、明らかにマイナスです。
それに、まだ日本のサッカースタイルというものが全然確立していません。その状況下で経験の少ない監督に任せるというのは、リスク以外の何物でもありません。
そんな事を繰り返していけば、サッカー人気そのものが薄れていく可能性があるのは、想像に難くない筈です。


もちろん、そうなって欲しくは無いのですが…。


間もなく、W杯本戦という現状で、最近の日本サッカーに明るい話題があまり多くありません。
せめて、世界を驚かすようなプレイ、もしくは、世界が注目する様な選手が出てきて欲しいものです。
スポンサーサイト

数年後のデジカメ

ものすごく久しぶりに書きます…汗


デジタルvsアナログの構図が、カメラ業界にも及んでいます。
今までのカメラは、光学ファインダーを通して写真を撮影していましたが(いわゆる『一眼レフ』です。)
今年のCP+2018では、光学ファインダーを使わない「ミラーレス」が注目を浴びました。

光学ファインダーは、そもそもデジタルカメラが登場する前、即ちフイルムの時代から使われてきた技術です。そういう意味では、積み重ねてきた歴史は相当のものです。
その中で登場したミラーレス。「ついに」その歴史が破られた瞬間です。
光学ファインダーを使わずに写真を撮る。イメージが湧かない人も多いかと思いますので、そのメリットをざっくりと上げてみます。


・液晶画面に映った画像のイメージのままに写真が撮れる
・ミラー、プリズムがないので、軽量化が図れる
・AFのフォーカス範囲が広い
・同性能で、一眼レフと比較して安価である

これくらいでしょうか…。
今後のミラーレスの進化によっては、また別のメリットが出るかもしれません。
もちろん、デメリットもある程度予想出来ます。


・シャッターを押した瞬間と撮れる映像に微妙なタイムラグが発生する
・プリントした時に、画質が落ちる事がある。(一眼レフの種類にもよるが…)
・常時センサーが起動する事になるので、センサーの消耗度が早い。


これくらいでしょうか…。また、上記の通り、センサーにかかる負担が大きいので、放熱性を考えた設計で無いと、基盤内の過熱の問題もあるかもしれません。

私個人の予想としては、ハイエンドクラスとエントリークラスで、一眼レフとミラーレスの棲み分けがはっきりしてくるのではないか、と予想します。(すぐには一眼レフは無くならない。)
ただ、アナログとデジタルが融合している今のデジタルカメラに、完全にアナログを排除したと言っていいミラーレスが登場したというのは、非常に興味深いです。


どの業界にも、アナログとデジタルが混在する機会は発生します。その後、アナログが生き残るか、デジタルが生き残るか、それとも共存していくのか…。この結論は、業界によって異なります。
カメラ業界はどちらでしょうねえ~。


個人的には、あと数年は一眼レフで頑張ろうと思います。
確かに、ミラーレスは手頃だし、将来性も高いとは思いますが、カメラを使うのであれば、やはり一眼レフでカメラの奥深さを覚えたい、というのはあります。
将来的にミラーレスの画質が一眼レフと同等になっても、すべてを機械任せにしたくはない、というのが私の意見です。


まあ、他人から見れば、「どうでもいいこだわり」に過ぎないでしょうけどね…(笑)

アイドルって、特別な存在だった筈だったのだが…

久しぶりに、こちらで書いてみます。
まあ、先週末の某アイドルの総選挙の事についてですけどね…。


世の中には、「空気を読まなければいけない時」が存在します。
それは、どの世代であろうと、どの業界であろうと例外ではありません。
幼い子供が喧嘩をするのは、その空気を読む事が分からないからだと思います。
もちろん、大の大人だって、時には激しく言い争います。それは仕方のない事です。

それでも、空気を読む事は非常に大事です。
それが結果的に嘘をつく事になっても、それは「嘘も方便」で済まされる事が多いです。


そういう意味では、公共の電波を使って、「結婚します。」という報告をアイドルがするのは、どうなのかなあ…と思ってしまいます。

その影響が個人だけに止まるなら、まだ譲歩出来るかもしれませんが、派生ユニットを入れると、200人以上が所属するグループになり、他のメンバーまで色眼鏡で見られる可能性があるので、さすがに尾を引く問題になるでしょう。


それともう1つ、気になる事が…。
わざわざ、公の場で報告するに至るまで、誰にも相談しなかったのでしょうか?

こんな大きな問題を、関係者の誰にも相談しないで報告するに至ったのでしょうかねえ…。
仮に、私がマネージャーとかの仕事をしていて、このような相談を受けたのなら、少なくとも「それ専用の場を設けるので、今は黙っておけ!」というアドバイスをしたでしょう。

ショービジネスである以上、ファンの存在は非常に重要。まして、ファンの後押し具合が明確に分かる先週末のイベントでは、尚更の話。もし、プロデューサー、もしくはマネージャーがこういうアドバイスをしていないのなら、あまりにも無責任だと言わざるを得ません。

そして、もう1つの仮定として、誰にも相談しないで、この報告をしたとすると…。

これは上記の事以上に深刻な問題になります。何故なら、この様な重大な悩みに関して身近に相談出来る人が誰もいない、という結論になりますので。
プライベートな話なので、別にマネージャーとかでなくてもいいと思います。同じグループのメンバーとかに相談する、という手段だって取れた筈です。
相談相手がいないグループって、存在意義があるの?

所詮、どれだけ人気があっても、一枚岩ではなかったという事ですね。


もしかしたら、今回のこの件、48グループの今後の活動のターニングポイントになるのかもしれませんね…。

偏り

あまり具体的に書くと、ウチの会社名がばれてしまうので、あえて伏字っぽく説明しますが…。実は、ここ最近、非常に注文が偏ってます。

ウチの会社の製品は、すごく大きく分類すると「製品A群」と「製品B群」の2つに分かれるのですが、何故か「製品A群」の方ばかり注文が来ます。まあ、注文が来ること自体は悪い事ではないのですが、製品の利益率を考えたら「製品B群」の注文が増えてくれた方がありがたいというね…。それに「製品A群」は納期短縮が難しい製品ばかりで、ここ最近の商社の(無茶な)納期短縮依頼にも対応が出来ないという…。

普段はこの「製品B群」の方が圧倒的に注文数が多いのですが、逆に、今現在この「製品B群」は割と注文が少なめという…。いったい何が起きているのか。

そんな中、今日も「製品A群」の注文を戴いております。
納期回答、どうしましょうかねえ。うーん…。

多分、利用する機会が無いシミュレーション

不意に…「万が一宝くじが当たったら、実際、どうするんだろう?」という思いが脳内を巡りました。ノリ的に言うのなら会社を辞めて、そこそこの家を買ってのんびりと過ごす…なんて事を公表しているのですが、実際のところはどうなんだろうか…。

そこで、すごく真面目にシミュレーションしてみました。


まず、受け取り先の銀行ですが、一般的には「みずほ銀行」が取り扱いの中心のなる事でしょう。というか、みずほだけでしょうね。なので、みずほ銀行に行き、実際に宝くじの換金の申請をする事になるでしょう。ちなみに、ここで申請後に別の銀行に送金する事も出来るみたいですが、それはやらない方がいいと思います。というのも、みずほ銀行は守秘義務がありますので、誰が当選したとかそういった情報は一切漏らさないと思いますが、他の銀行に送金した後の処置については関与しないと思われます。別の銀行の人からすれば、いきなり億単位のお金が送金されれば、さすがに疑いますよね。以前、実家の方で高額当選した人が信用金庫に送金したおかげで当選がばれ、色々な団体から寄付の申請が嫌というほど飛んできた、という話を聞きました(これは実話)。みずほ銀行にそのまま入金すれば向こうも何も言わないので、それがベストだと思います。まあ、みずほ銀行からしても簡単に他行に送金されたくは無いでしょうしねえwww
どの口座に入金するかは自由ですが、定期預金に振り込んでも利率なんて0.02%くらいです。6億円で計算しても年間で12万…これでは生活なんて出来ません。国債金利でも0.3~0.4%程度なので、約240万。これでギリギリ生活出来るという感じでしょうか。
株の知識がある人なら、これを元手にして株投資をして資金を潤沢化するという方法もあるかもしれませんが、そういった知識が無い人は普通に節制した生活をする事になるでしょう。とは言え、これはあくまで金利のみで生活しようとした場合。普通にファミレスの外食くらいでは絶対に使いきれません…。


という訳で、ここからがメインとなる「使い方およびライフスタイル」です。


7億円を使い切る方法としては、豪遊するか、大きな買い物をする、という2択になるかと思いますが、そもそも豪遊の手段も大きな買い物の手段も思いつかないので、趣味にお金を使う事になるかと思います。私の趣味と言ったら…デジカメとライブか…。
仕事は辞める気が無いので、ライブ関連に使えるお金はそこそこになると思うので、後はデジカメか…。デジタル一眼レフを3年周期で買い替えたとして、ざっくり見積もって年間50万。それを20年繰り返して1000万円か…。

余る…圧倒的に余る。シンプルに考えても、年間2000万使って35年か…。2000万ってどう使えばいいんだろうか?だって、年収2000万とは訳が違う。税金が掛からない事を考えれば、年収で換算すると3000万くらいか…。超高給取りだな。
そうなると…部屋を変えるか。とりあえず、5000万くらいのマンションを購入しておけば、固定資産税や諸経費で年間100万くらいかな?

ここまですごくざっくりな計算をしているが、まだ1億くらいしか消費していない。まだ6億も余ってる。マンションのお金を1億に上げるか…。いや、1億に上げたところで、5億5000万も余る…。車を買うか?ただ、そこまで使う機会があるかどうか…。


結論…私は7億円を手に入れても使いきれない(笑)。


要はこういう事だと思う。

お金の使い方を知っている人は、自らの力でそのお金を稼げるからこそ使い方を知る訳であって、お金の稼ぎ方を知らない人が必要以上の大金を手に入れても、そこまでのお金の積み上げる事のハードさを知らない以上、金銭感覚がおかしくなるだけで無駄な浪費になるだけではないか、という事。
自分の力で稼いだ人であれば、その過程を知っているので、どうやって貯めればいいか、どうやって増やせばいいか、というノウハウを知っている。だから、多少大きな買い物をしても巻き返せる可能性は高い。

生活水準を上げるだけで、実質的な「生産能力」が無い人が水準を上げれば、そりゃあすぐに無くなりますよね。そういう人は、宝くじが当たっても下手に生活水準を上げてはいけません。


えっ、私のサマージャンボはどうだったのかって?ええ、予想通り「宝くじ」ではなくて単なる「空くじ」でしたよ。


あっ、一応当たってるか…下1桁がwww
プロフィール

million cotton

Author:million cotton
静岡生まれの静岡育ち。で、今は横浜市民w

デジタル音楽とラーメンをこよなく愛する、典型的B型人間

時に無駄にストイックになります。
…が、基本ぐうたらです(爆)

コメント、トラックバック大歓迎です。
しかし、以下に属するケースに至っては、管理人権限として、無条件で削除致しますので、予めご了承下さい。

誹謗中傷などの不適切な発言
公序良俗に反する書き込み
その他、管理人がふさわしくないと判断した内容

以上

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。